How to be a Programmer: Community Version
Robert L. Read with Community
Copyright 2002, 2003, 2016 Robert L. Read

はじめに

良いプログラマになることは難しく、高貴です。ソフトウェアプロジェクトの実質的なビジョンを実現する最も難しい部分は、同僚や顧客を扱うことです。コンピュータプログラムを書くことは重要であり、優れた知性とスキルを必要とします。しかし、実際に子供の遊びであるのは、良いプログラマが、顧客と部分的に責任がある無数の同僚の両方のために成功するソフトウェアシステムを作るために必要なことです。このエッセイでは、21歳のときに誰かが私に説明したかったことを可能な限り簡潔にまとめようとしています。
これは非常に主観的なものであり、したがって、この論文は個人的で、多少の意見をもって運命づけられます。私はプログラマが自分の仕事で直面しなければならない可能性が高い問題に自分自身を限定しています。これらの問題の多くとその解決策の多くは人間の状態に非常に一般的なものであり、おそらく私は説得力があるように見えます。それにもかかわらず、私はこのエッセイが役立つことを願っています。
コンピュータプログラミングはコースで教えられます。優れた本:Pragmatic Programmer [Prag99]、Code Complete [CodeC93]、Rapid Development [RDev96]、Extreme Programming Explained [XP99]はすべてコンピュータプログラミングと優れたプログラマーであるという大きな問題を教えています。ポール・グラハム(PGSite)とエリック・レイモンド[ハッカー]のエッセイは、この記事の前に、またはこの記事とともに読むべきです。このエッセイは、社会問題を強調し、必要なスキル全体を包括的に要約することによって、それらの優れた作品とは異なります。
このエッセイでは、ボスという言葉は、あなたがするプロジェクトを提供する人を指すのに使用されます。私はビジネス、会社、部族という言葉を同義語として使っていますが、ビジネスはお金を抱くことを暗示しますが、会社は現代の職場を暗示し、部族は一般的にあなたが忠誠心を分かち合う人々です。
部族へようこそ。

Contents

    4.
    Glossary
How To Be A Programmer: Community Version by Robert L. Read with Community is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License.
Last modified 1yr ago
Copy link